シングルマザー(母子家庭世帯)へお部屋をお貸しすることへご心配な大家の皆様へ

 

シングルマザー(母子家庭世帯)にお部屋を貸す際の不安要素とは?

1.毎月の家賃の支払い・家賃滞納に関しての不安(パート勤務や求職中の方の場合)

2.失火や事故等に関しての不安(日中お子様が独りで過ごす時間が多い場合)

3.隣室・階下との生活音トラブルに関しての不安(乳幼児や学齢前のお子様がいる場合)

4.短期間で解約・退去をされてしまうのではないかの不安(仕事都合・実家に戻るケースなど)

5.いままで入居させた前例が無いという漠然とした不安(判断基準がわからない場合)

 

不動産会社・賃貸管理会社・オーナー(大家さん)の方からは、しばしば上記の内容をご指摘されます。少なからず、こちらからご内容をご説明する前に「シングルマザー・母子家庭世帯の方」というだけでお断りされてしまうケースがございます。世間一般的に偏ったマイナスイメージが出来上がっていることも事実です。そしてそうした風潮がお部屋をお貸しになるオーナー(大家さん)の方達を消極的にしてしまっている一因があります。しかし実際、本当にこうしたイメージは正しいのでしょうか。サラリーマンの方と比較して本当に滞納やトラブル等が多いのでしょうか。実際は異なります。当社では、こうしたマイナスイメージ(不安要素)の解消や様々なリスクヘッジをご提案させていただきます。

▲このページのトップに戻る