【賃貸保証の審査】無職でも部屋は借りられる。保証会社が入居審査の最重要ポイント

 

賃貸保証会社の審査承認を得る方法

まず、申し上げることは、無職の方でもお部屋を借りられます。それは、いかに賃貸保証会社の審査の承認を得るかに尽きます。保証会社の賃貸保証が受けられるということは貸す側(管理会社や大家さん)の一番の懸念事項である家賃滞納のリスクがほぼゼロになるという意味だからです。通常、無職の方に借りてもらうと大家さんや管理会社は、毎月の賃料の支払いを心配します。それが賃貸保証会社を利用することによりそのリスクが無くなるのです。万が一、賃料の支払いが遅れた場合、賃貸保証会社へ家賃滞納の旨を連絡するだけですぐに賃貸保証会社が立て替えてくれるからです。だから無職の方の場合でもお部屋を借りることが出来るのです。それでは、どうしたら無職の状態で賃貸保証会社の入居審査の承認を得られるのでしょうか?賃貸保証会社の仕組みから入居審査の方法、各社の審査の難易度、保証会社類型別の対応方法、保証料の金額、保証会社への素朴な疑問まで細かくご説明していきます。賃貸保証会社を上手に利用していかにスムーズに入居審査承認を得るか、お部屋探しコツ・ポイントを出来るだけ分かりやすく解説してまいります。



賃貸保証会社のシステムとは?(簡易版)

賃貸保証の契約は、貸主(大家さん)借主賃貸保証会社保証委託契約を締結します。貸保証料は、通常、借主の負担となります。締結後、万が一、借主が賃料の支払いを滞らせると借主に代わり滞った賃料等を保証会社が貸主(大家さん)へ支払います。その後、代わりに支払った賃料等を賃貸保証会社が借主へ請求督促する形になります。その間、保証範囲の規定の限度額まで賃貸保証会社は、滞納賃料等を貸主(大家さん)支払い続けます。また各賃貸保証会社により保証範囲が多少異なりますが他に@明け渡し訴訟費用A残置物の撤去費用B原状回復工事費用を負担す、といった保証内容をつけている場合が多いようです。
また、契約期間は通常1年契約で締結して毎年自動更新していく形になります。賃貸保証料等につきましては、後述いたします。


 

無職の場合の賃貸保証会社の審査方法とは?

賃貸保証会社の審査方法について簡潔にご説明いたします。
当然、賃貸保証をするにあたり賃貸保証会社も借主がいきなり家賃の滞納が始まってしまっては、経営が成り立たなくなってしまいますので「この人(借主)は、ちゃんと家賃を支払っていけるのか」を審査します。無職の方の場合は、サラリーマンのような毎月の安定した収入がないため、まず通常は、本人名義の預金残高の額雇用保険の失業手当の受給資格等で判断します。他、それに加え信販系金融系の賃貸保証会社は身分証明や申込み書を元に信用情報を照会します。またこれは矛盾になりますが通常、賃貸保証会社は、保証人が不要で緊急連絡先のみというのが原則ですが場合により連帯保証人を立てることを求められる場合がございます。以上のことを踏まえて賃貸保証会社は、総合的に入居審査を行います。

基本的な審査の必要書類  

◇身分証明書(運転免許証・保険証・住民基本台帳・パスポート+住民票)

◇雇用保険受給資格者証(失業手当)※お持ちでない方は不要

◇本人名義の預貯金の残高を確認出来るもの(預金通帳・残高証明書等)

◇生活保護決定通知書又は保護証明書※生活保護受給者のみ


 

賃貸保証会社によりそれぞれ入居審査の難易度が異なります。

今、全国にある賃貸保証会社の数は、自社の関連会社でやっている保証会社を含めると50社以上はあるものと存じます。当然、各々の保証会社により入居審査の方法・審査基準も大きく異なります。まず、賃貸保証会社は、大きく下記に分類されます。

@信販・銀行系賃貸保証会社

Aハウスメーカー系賃貸保証会社

B自社関連会社系賃貸保証会社

C独立系賃貸保証会社(A・大手及び中堅 B・新興及び小規模)

以上、それでは各系統の賃貸保証会社の審査方法等につきまして解説して行きます。

なお、入居審査の難易度につきましても概ね上記の順番となります。

 

@信販・銀行系賃貸保証会社

こちらは通常のカード審査に準ずる審査で個人信用情報の照会を行います。例えば過去にカード支払いの遅延や滞納歴があった場合やキャッシング等の状況により、即時に回答が来て審査落ちする場合もございます。また雇用形態(契約社員・派遣社員・フルタイムアルバイト等)は多少の融通が利きますが毎月一定額の収入が必要となります。無職の状態ですと審査基準で最初から申込みを受けてもらえない場合があります。もし、気に入った物件がこの系統の保証会社の場合は、代理人(一定の収入のある親族)を立てて審査をかけてもらう必要があります。【 難度:高 】

主な賃貸保証会社:エポスカード・アプラス・ジャックス・オリコフォレントインシュア・SBIギャランティ・ライフ・セディナ等

 

Aハウスメーカー系賃貸保証会社

こちらの場合も@の信販系の入居審査の方法に準じており、クレジットカードの作成が条件となっておるところもあります。ただ、審査基準は多少メーカーにより異なり難易度に差があります。雇用形態に関しては、アルバイトの場合でも審査の承認が出るケースもありますがその際は、預金残高の証明書等の提出が必要となったり連帯保証人を別に立てることにより承認が出る場合がございます。また特典もありますがハウスメーカーの友の会等に加入義務がある場合がございます。【 難度:やや高 】

主な賃貸保証会社:大和リビングD-room、積水ハウスMASTパートナーズ、へーベルハウスROOMSパートナー、ミサワホームミサワエムアールディー等

 

B自社関連会社系賃貸保証会社

これは一定数以上の管理物件を所有している比較的大手の不動産会社・管理会社自社グループで賃貸保証会社を持つ形になります。自社管理物件に対する賃貸保証のため慎重に割合厳しく入居審査を行うところもありますが@、Aに比べて多少の融通が利きます。また個人の信用調査の照会は、ほとんどの会社で行っておりません、ただ他業者を含めた過去の家賃滞納履歴の情報を共有している可能性があります。また賃貸保証料も自社グループ会社の収益となるため、多少の家賃滞納リスクも想定しておるようです。他、連帯保証人を付けることにより入居審査の通過率は上がります。【 難度:高〜中〜易 】

主な賃貸保証会社:大東建託のハウスリーブ・レオパレスのプラザ賃貸管理保証・スターツのアシストレント等

 

C独立系賃貸保証会社

こちらの独立系の賃貸保証会社は日本国内に相当数の会社がございます。大手〜十数人でやっている小規模なものまで規模も様々です。そしてほとんどの会社が信用調査の照会を行っておりません。ただ最近は、各協会等に加盟して会社によっては家賃滞納者の情報を共有しておるようです。また破産者等の情報も各社もっております。に審査の方法ですが基本、無職の方の場合ですとご本人様名義の預金残高の額と電話での本人確認となります。預金残高がちょっと少ない場合やご年齢により、別に連帯保証人を立てれば承認を出す等の条件提示をしてくる場合がございます。また基本的に独立系の賃貸保証会社は一部の保証会社を除き、特に新興の会社や小規模のところは、いわゆる通すための審査をしてくれます。  【 難度:中〜易 】

主な賃貸保証会社:全保連・日本賃貸保証(JID)・日本セーフティー・Casa(カーサ)・ジェイリース・ハトさん保証(宅建協会系)・GTN(外国人向け)等



各賃貸保証会社の詳しい入居審査の方法や個別のご相談・ご質問等がございましたら下記よりお気軽にお問合せ下さい。


無職の方のお部屋探し逆転の発想
審査に柔軟な賃貸保証会社を利用できる
物件の中からお部屋を探す方法

現在、大小合わせて東京都内だけでも数十社の賃貸保証会社がございます。当然ですが各保証会社により、審査基準や方法必要書類から審査の難度まで大きく異なります。実際、審査基準が厳しい保証会社ですと正社員の場合でも収入や勤続年数、信用調査等により審査を否決するところさえございます。ただ、その一方で借主(申込人)の審査面での良いところを見つけてくれていわゆる【入居審査を通すための審査】を行ってくれる保証会社もございます。そこで逆転の発想になりますが、わざわざ審査の承認が通るか否かわからない審査基準の厳しい保証会社を利用する物件を避けて、審査基準の門戸が広い、審査に柔軟な保証会社を利用する物件の中からお部屋を探してみてはいかがでしょうか。入居審査の承認される確率は格段に上がります。なお、保証会社の審査の難度と物件の質や設備等の良し悪しは比例連動はしません。お客さまの現在の詳しい状況をお話いただければ、当社のこれまでの豊富な経験とデータによりお客様にマッチした賃貸保証会社をリストアップし、その保証会社を利用できる物件をご提案ご案内いたします。まずは下記よりお気軽にお問合せ下さい。


 

 

▲このページのトップに戻る