管理会社の入居者募集をチェック

 

あなたの管理会社チェック

 @現在、ご依頼している管理会社が行う、退去から募集までの業務内容をチェックして診てください。 

 

チェック項目 はい いいえ
 解約予告を受けてから1週間以内に募集を開始した。    
 退去日から1ヶ月以内に内装リフォームが終了する。    
 空室の度にきちんと募集条件の提案をしてくれる。    
 募集用のチラシが出来たら届けて(郵送して)くれる。    
 リフォームの完了報告をくれる。一緒に室内を確認する。    

 毎回、案内が入るたびに詳細な結果を報告してくれる。

   
 交渉事は勝手に断らず(事後報告せず)確認してくれる。    
 空室対策は、賃料の値下げ以外の提案もしてくれる。    
 10日に1度は、何かしらの報告・連絡をくれる。    
 近隣の不動産業者に空室情報を周知させている。     

 

          万が一「いいえ」がひとつでもあった場合は、現在の管理会社の大家さんや空室に対する考 
         え方に問題があるかもしれません。現在の管理会社に関してご相談等がございましたらお気
         軽にご相談下さい。第三者の立場でアドバイス・ご提案を致します。                     

                              

 

                              

大家さんご自身で室内チェック

          せっかく、リフォームしたはずなのになかなかお部屋が決まらない、理由もわか
          らない、そんな時は、念のためご自身でお部屋をチェックしてみて下さい。なに
         か気付く点があるかもしれません。また合わせて下記の内容もチェックして下さい。
               

 

チェック項目 はい いいえ
 室内の照明は、点灯する。(電気が通電している)     
 排水トラップの水は、満ちている。(悪臭がしていない)    
 室内は清潔だ。(埃、虫の死骸、便器の水垢等がない)    
 部屋を案内する準備は出来ている。(スリッパの用意等)    
 トイレや蛇口からきれいな水が出る。(赤錆水が出ない)    
 集合ポストや共用部はきれいだ。(植栽、廊下など)    

          もし万が一ひとつでも「いいえ」があった場合は、管理会社に連絡して至急対応し
          てもらうようにして下さい。これは、せっかくきれいにリフォームしたお部屋の印象
          を著しく損ねます。やはり入居率をあげる為には、第一印象がとても大切です。
          (「電気・水道」使用に関しては空室では難しい場合もあるでしょうが)
          逆に上記のことがきちんと出来ていれば、お部屋のリフォームもぐっと引き立ちま
          すし、入居申込みをいただく確率も上がるはずです。
               

▲このページのトップに戻る