空室対策に効果的なリフォーム

高額なリフォームをするその前に 

  築年数がある程度経過したお部屋をお持ちの大家さんは、管理会社や内装会社より大規模なリフォームの提案を受けた方が多いのではないでしょうか。「デザイナーに依頼して今時の高級ホテル風の内装にしましょう。」「もうこの間取りは流行らないので1LDKにリノベーションしましょう」「UBは、もう学生に人気がないのでバス/トイレ別にしましょう。」等など。空室対策のために的確な提案をされている会社が大半でしょうが中には、市場のニーズを読み違えていたり、単純に工事費だけが目的の悪質な会社も少なからずあります。また、大家さんご自身も大規模リフォームを目先の空室対策だけとして見るのではなく、長期的な視点で考えることも必要です。    
 そうしたことを踏まえて高額なリフォーム工事を検討している大家さんは、依頼するその前に下記事項をもう一度確認してみてはいかがでしょうか。

 


 

  • 投資額(リフォーム代)に見合う賃料アップ(維持)入居率アップ効果は、期待できるか?
  • そのリフォーム工事はその地域の顧客(入居者)のニーズを反映しているか?
  • 大規模リフォームを行っていない近隣の部屋は、本当に長期空室となっているのか?
  • 長期的な視点での収支シュミレーションが出来ているのか(提案されているか)?
  • リフォーム工事代金の支払いはローンか現金か、支払時期は?資金計画の検討は、十分か?
  • リフォーム工事代金は、適正な価格か?(他業者との比較検討・相見積)
  • 既存の設備を生かした(コストの削減)リフォーム工事になっているか?
  • 依頼する工事業者の最近の施工例評判を確認したか?
  • 第三者の意見(客観的な意見)を聞いてみたか?
以上の内容をチェックしていただいた上で少しでも不安な要素があれば、内装工事をご依頼するその前にぜひ一度弊社までお気軽にご相談下さい。
    
     

 

大規模リフォームを行うその前に出来ることを考える

 

 大規模リフォームを行うその前に、大家さんご自身で簡単にできる建物・部屋の「第一印象」を上げる、と
 ても簡単なリフォームの内容をご紹介します。
 オーソドックスな内容かも知れませんが意外と効果は期待できますので、まずはこれを実践して見てくだ
 さい。間違いなく下記がきちん出来ているとお部屋が締り、第一印象が悪くなるということは、ありません。
 経験上、第一印象が良いお部屋は、格段に成約率が上がります。

 

室内編

  • スイッチ・コンセントパネルの交換
  • 浴室の鏡・シャワーヘッドの交換
  • ドア(玄関も)・窓の取っ手・レバー交換
  • 居室・トイレ・浴室等の電球の交換
  • カーテンレールの交換
  • 排水トラップからの汚臭チェック

 ※他・夜間の案内のために空室でも通電しておくことをお勧めします。また、水道から錆びた赤水が出ないように注意しましょう。

 

 

 

 共用部分編

  • 共用灯の電球切れチェック・交換
  • 郵便ポストの清掃(投函チラシ等)
  • 植栽の植え替え
  • 共用部分の清掃・塗装剥がれチェック
  • 自転車・バイク置き場の整理

 

※建物管理会社に任せていて、上記の状態が悪い場合は、大至急、改善してもらいましょう。

一棟アパートをお持ちの大家さんへのご提案

 

 今回、空室になったことを機にもう一度内装リフォームについての方向性を考えてみてはいかがでしょうか。何も内装を新築並みにきれいにしたり、最新の設備を導入することばかりがリフォームではありません。そこで同じリフォーム費用を掛けるのであればご高齢の方ハンディキャップをお持ちの方へ向けたリフォームをご検討してみてはいかがでしょうか。現在、ご高齢の方ハンディキャップをお持ちの方の賃貸住宅に対するニーズは、年々増加しておりますが、現状、安心安全に住むことができる住宅の数は、まだまだ絶対数が不足しております。そうした状況を踏まえて弊社では、一棟のアパートをお持ちの大家さんへ向けて、ご高齢の方ハンディキャップをお持ちの方が安心安全にお住まいいただけるリフォームのご提案をさせていただいております。尚、下記が弊社がご提案させていただくリフォームの一例です。

 

  玄関まわりから廊下

  • 壁面への手摺を取り付け
  • 「上がりかまち」の段差解消のために踏み台取り付け・スロープ設置
  • 玄関ドアを引き戸に変更(車イスの使用が可能)
  • 玄関から廊下の連続する手摺の設置

  

  トイレから風呂  

  • トイレドアを引き戸に変更・手摺の設置
  • トイレの壁を取り除きスペース拡大(車イスのスペース確保)
  • 浴室床の嵩上げ浴槽との段差を減らす
  • 浴室扉を「3枚引き戸」に変更
  • 浴室床材の変更・固定式腰掛の設置

  •    キッチン

  • ガスコンロからIHクッキングヒーターに変更
  • ワークトップシンク・奥行等ひとまわり小さいタイプのキッチンへの変更
  • 床材を水に強い・滑りにくいものへ張替え
  •  

      その他

  • 必要箇所への足元灯の設置・人感センサー照明の設置
  • 1階ベランダ・縁側からの出入り可能にするスロープ設置
  • テレビモニター付きインターフォンの設置
  •  

     以上、他にも様々なリフォーム提案がございます。ご所有のお部屋はどのようなリフォームが可能なのか  
     まずは、ご相談下さい。  
     最適で有効なリフォームについてのご提案をさせていただきます。

     

    高額リフォーム工事をしたのになぜか空室が埋まらない

       リフォーム工事が完了し、仕上がりも上々、リフォーム内容はニーズをきちんと反映している。それなのに何故かなかなか入居者が決まらない。そんな大家さんは、もう一度下記をチェックしてみてください。もしかしたら入居者の募集方法や条件設定に原因があるのかもしれません。
    ▲このページのトップに戻る